梅雨の合間のコンクリート打設

投稿者: | 2019年7月12日

ようやく天気が回復して、「我孫子の家」の基礎のコンクリートを流し込む工事ができました。
先週、二度も雨で延期していたので、今日は朝から薄曇りながら陽も出てホッとしています。
実はこの時期、あまり暑いと生のコンクリート(コンクリートミキサー車が運んでくる)が、急激な水分蒸発などによって早く硬化して、強度のばらつきがでたり、表面にヒビが入ったりと、良くないこと起こります。
ですから、現場では、散水したえり、シートなどで養生したり、管理上手間になります。
今日は、午後から曇り、雨の予報なので、コンクリートの養生からみるとまずまずの条件になりました。

(いいぬま)